Menu

Connect with us

メーカー直販XMT-SF503Sシリーズ経済型インテリジェント温度調節器の暖かい訴える表長春四方計器

ピン包郵中(甘粛、靑海、海南、内モンゴル、寧夏、チベット、新疆を除く)、包郵隻発の韻達の申通の速達はあるいはその他の速達が補って値幅、コンサルティング、ご協力ありがとうございます。(顺丰一律後払い)!

price:USD$70.00
discount 70% in 2018-09-23 to 2018-09-25
price: USD$ 49.00
freight :USD$18.00,(Express)
freight :USD$7.00,(Postal parcel)
views:0
Search Similar or mail to saler or send message to saler

Pay with PayPal, PayPal Credit or any major credit card

 
  • 概括

 

XMT-SF50Sシリーズ2画面を経済型インテリジェントサーモメーターは一種の高性能干渉抵抗、低コスト、信頼性の高い知能型工業調節器。機器として先進的なチップのCPUは、簡単な操作で、仕事の信頼性の高い、価格性能比の高いのが特徴で、広く機械、化学工業、陶磁器、軽工業、冶金、石油化学、熱処理などの業界の温度は自動制御システム。

 

  • 主要技術指標

計器精度:±いち℃です;冷接点補償:誤差<±に℃です;電源:220VAC;範囲範囲:-999℃~9999℃です;消費電力:< 3 W ;制御方式:道位式制御出力(持ち帰っ差);入力方式:熱(K / E / S / B / R / J / T)、熱抵抗(Pt100 / Cu50)GMの入力;リレー出力:接点容量AV220V抵抗性負荷;ソリッドステートリレー/サイリスター制御出力选択;仕事環境:温度0~ごじゅう℃、湿度< 85%RH無腐食性無強い電磁干渉の場合。

 

  • 型番定義
型番 外形寸法(mm) 取り付け開口サイズ(mm) 入力タイプ
XMT-SF501S 48×48×70 44+0.5×44+0.5 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF502S 96×48×70(立て) 92+0.7×44+0.5 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF503 48×96×ななじゅう(横式) 44+0.5×92+0.7 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF504S 72×72×70 67+0.7×67+0.7 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF505S 96×96×70 92+0.7×92+0.7 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF506S 160×80×80(立て) 152+0.8×76+0.7 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
XMT-SF507S はちじゅう×160×はちじゅう(横式) 76+0.7×152+0.8 熱私:K / E / S / B / R / J / T熱抵抗:Pt100 / Cu50汎用入力
  • パネル機能

 

  • メーター端子(実際には、グラフを、準)とする


XMT-SF504S結線図XMTSF505S結線図
6、使用操作説明

 

  1. キー定義

① セットキー:aは正常に表示されている状態でキー3秒間、パラメータ設定状態に入り、
b設定状態では、一度押してキー、記憶パラメータの新設定値は、次のパラメーターを表示する。
② パラメータ設定状態に設定パラメータの数値が増加している。測定状態では制御値を増加する
③ パラメータ設定状態に設定パラメータの数値を減らして、パラメータ設定状態で。測定状態で制御値数値を減らして
の場合は、アップしますが、設定値を高速に変更することができます

 

  1. 操作方法

電気を知って検査
①按仪表的端子接线连接好仪表的电源、输入、输出等接线。
にしても、このようなことは、正確には、電源を入れることができます。
③計器電源投入後、直ちに初期状態に入って検査して、数秒後に測定状態によって、計器内部預設のパラメータを測定。
⑵パラメータ値設定
押すキーを置く、さん秒後にダッシュパラメータの設定状態に入って、パラメータ記号でディスプレイの表示だっ、パラメータ値は下排表示。このとき、増加、減少キーを、パラメータ値に改正することができます。もできますキー記憶とこのパラメータを保存する。
次のパラメーターの設定。最後に測量状態に戻り。

 

パラメータ記号 パラメータ定義 設定範囲 注釈
SN 入力タイプ(この型番計器を万能入力、多種のモデル熱及び熱抵抗を設置するこのパラメータの要求)は 0-9 0:T(0℃~400℃)   1:R(-0~1000℃)
2:J(0~900℃)    4:B(0~1800℃)
5:S(0~1700℃)       6:K(0~1200℃)   
7:E(0~650℃)     8:PT100(-50~400℃)
9:CU50(-50~150℃)
HR 制御モード設定 0、1 0パラメータ設定が0時、加熱制御、この時に動作するリレーを測定値より小さい制御値時、リレー吸合、ときに、測定値より制御値+ dF時、切断継電器、
1:パラメータ設定は1時、冷凍制御、この時に動作するリレーを測定値制御値により、リレー吸合、ときに、測定値より小さい制御値- dF時、切断継電器、
d 回差 0~9999 当HR=0時、測定値の〈制御値に吸合リレー、測定値〉制御値+DF値を切断継電器、
当HR=いち時、測定値〉制御値に吸合リレー、測定値の〈制御値-DF値を切断継電器、
SC 測定値修正値 -999~9999 表示値=測量値+ SC正常時、SCは0 .
DIP 小数点 0  1 0:1つの小数部1:1位の小数点

 

七、メーター動作
計装後は仕事状態に入り、設定値を設定し、上記操作説明で操作してください。
八、注意事項

 

  1. 計器盤計器挿入を開いて穴穴公差はちょうど良くて、入れてインストールを挿して適度にねじ込み巻き貝殻、ビンディングの計器挿入開穴で。
  2. 検査機器の割出し号規格及び電流電圧は同計器と同じではないか。
  3. 対電入力信号は、熱電と同じ材料の補償導線を使用してください。
  4. 熱抵抗入力信号、どうぞと同規格の低抵抗値の導線、かつ3線の長さなるべく等しい。
  5. 特に電源入力ライン、信号入力線は間違っ、出力端子が強電流短絡などにも注意して。
  6. 電源コードと信号線を減らして配線、電磁の輻射は計器の影響で、なるべく使用シールド線。
  7. 注文時に明記して下さい(1)計器型番⑵付用センサ割出し号⑶温度範囲が数量及び納品時間⑸その他の特殊要求。

8 .メーターが破損していない場合は、1年内メーカーは修理を担当しています。