Menu

Connect with us

スイッチング電源の電磁互換性設計、テストと典型例のケース/電子工業出版社

price:USD$51.30
discount 70% in 2018-07-17 to 2018-07-19
price: USD$ 35.91
freight :USD$18.00,(Express)
freight :USD$7.00,(Postal parcel)
views:0
Search Similar or mail to saler or send message to saler

Pay with PayPal, PayPal Credit or any major credit card

  • 出版社:電子工業出版社
  • ISBN:9787121138942
  • 版数:いち
  • 商品コード:10710789
  • 包装:パッケージ
  • 判型:16開
  • 出版時間:2011-07-01
  • 用紙:こんにゃく版紙
  • ページ:344
  • 本文の言語の言語
    • 内容紹介

      『スイッチの電源の電磁互換性設計、テストと典型例』ではスイッチの電源の電磁互換性を軸に、紹介した電磁互換性のテストのスイッチ電源スイッチの電源と要求し、関連テスト項目とテスト方法を紹介して、重点的にスイッチの電源の電磁互換性設計、対策やじゅうはちの典型例。『スイッチの電源の電磁互換性設計、テストと典型例」を追求して実用的なことを目的として、述べにはスイッチ電源回路によって特徴の嫌がらせ抑制措置をとることができる、ひとりで対策によって部品の性能特性、そのスイッチの電源の解説を注意すべきところで。
      読者対象:《スイッチの電源の電磁互換性設計、テストと典型例」にスイッチの電源の回路設計と技術の設計者、電子機器のシステムの設計と研究員、電子機器の現場の応用とメンテナンススタッフを参考に。

      内頁イラスト

        • カタログ

          第1章スイッチの電源の電磁の互換性試験基準
          11000概要
          1スイッチの電源の電磁互換性テスト要求
          1情報技術設備類製品機内スイッチ電磁電磁適合性能の基本要求
          1.3.1電磁妨害の発射のテスト
          1.3.2調波電流の発射のテスト
          1.3.3雑音耐性性能のテスト
          1.3.4機内のスイッチ電源電磁互換性テスト要求小節
          第2章スイッチング電源の電磁妨害状況測量
          2 . 1交流電源ラインの伝導騒擾測定(週波数範囲015~30MHz)
          2.1.1試験配置
          2.1.2測定受信機
          2.1.3人工電源ネットワーク
          2.1.4試験方法
          2 . 2放射妨害の電界強度測定(週波数範囲さんじゅう~1000MHz)
          2.2.1試験配置
          2.2.2必要の実験施設
          2.2.3試験方法
          2 . 3で吸収鉗子測定放射出力発射(週波数範囲をさんじゅう~300MHz)
          2.3.1試験方法を提出する
          2.3.2動力吸収クランプ
          2 . 3 . 3測定回線や説明
          2.3.4ピンセットで吸収法テスト放射妨害の発射のコメント
          第3章スイッチの電源の調波電流の発射測定
          3調波電流の発生
          3電流の危害
          高調波電流の測定回路と測量方法
          3.3.1測定回路
          3.3.2測定方法
          3.3.3調波電流の発射実験に標準のコメント
          第4章スイッチの電源の抵抗度性能測定
          静電静電放電抵抗度試験
          4.1.1静電気の発生と危害
          4.1.2静電放電試験
          4.1.3静電放電のシミュレーション
          4.1.4静電放電試験中の放電方式
          4.1.5実験室の型式試験
          4.1.6静電放電レベルの試験
          4.1.7試験結果の評価
          4.1.8試験報告
          4.1.9静電放電試験の標準点評
          4.1.10新版国静電放電雑音耐性試験基準(GBT176262―2006)を簡単に述べます
          4.1.11最新国際静電放電試験基準IEC61000—よんしよ—に:2008を簡単に述べます
          高RF RF放射電磁界に抗わずらわさ度試験
          無線週波電磁場4.2.1輻射雑音耐性試験の由来
          無線週波電磁場4.2.2輻射雑音耐性試験
          4.2.3無線週波放射線レベル電磁場の試験
          無線週波電磁場4.2.4輻射雑音耐性試験方法(実験室型式試験)
          無線週波電磁場4.2.5輻射雑音耐性試験記録
          4.2.6でしGTEM小室RF放射電磁場雑音耐性試験
          4.2.7新版国RF放射電磁場雑音耐性試験基準(GBT176263―2006)を簡単に述べます
          4.2.8無線週波放射電磁場試験の標準点評
          急速瞬火パルス群抗わずらわさ試験
          4.3.1スト・トランジェント・バーストの発生や機器の信頼性の影響に対して
          4.3.2スト・トランジェント・バースト発生器
          4.3.3スト・トランジェント・バースト試験の配置やレイアウト
          4.3.4実験室で試験
          4.3.5新版国スト・トランジェント・バースト雑音耐性試験基準(GBT176264 - 2008)紹介
          4.3.6スト・トランジェント・バースト雑音耐性試験基準のコメント
          4 . 4サージ雑音耐性試験
          4.4.1サージ雑音耐性試験問題提起
          4.4.2サージ発生器
          4.4.3サージ雑音耐性試験
          4.4.4新版国サージ雑音耐性試験基準(GBT176265 - 2008)紹介
          4.4.5サージ雑音耐性試験基準のコメント
          5は、高RFが引き起こす伝導妨害による抗わずらわさ試験
          4.5.1はRF場誘導による伝導妨害の由来
          4.5.2はRF場誘導による妨害伝導雑音耐性試験要求と試験レベル
          4.5.3はRF場誘導による妨害伝導雑音耐性試験に必要な実験設備
          4.5.4はRF場誘導による妨害伝導雑音耐性試験方法
          4電圧落ち、短い一時中断と電圧のグラデーション抵抗度試験
          4.6.1電圧落ち、短い中断と電圧グラデーションの発生
          4.6.2電圧仮降と短い中断の試験装置
          4.6.3電圧仮降と短い中断の優先して試験レベル及び持続時間
          4.6.4電圧仮降と短い中断の試験方法
          第5章スイッチの電源電磁妨害の発射の定性試験
          5.1比较“正规”的辐射发射定性测试方案
          「正規」の伝導度による「正規」の発射定性試験方案
          530定性観察の放射線発射テストプログラム
          5.3.1採用スペクトラムアナライザの定性観察案
          5.3.2採用高週波オシロスコープの定性観察案
          の定性観察の伝導妨害テストプログラム
          第6章スイッチング電源の電磁妨害問題分析、嫌がらせの性質とセクハラ抑制技術の概要
          スイッチの電源の電磁妨害の発射問題
          スイッチの電源の電磁妨害の発射の原因分析
          6.2.1入力整流回路
          6.2.2スイッチ回路
          6.2.3サブプライム整流回路
          6.2.4制御回路
          6.2.5は分布容量による嫌がらせ
          電源電磁妨害の発射の性質分析
          6.3.1 RFスイッチの電源の性質の電磁妨害
          6.3.2スイッチの電源高調波電流発射問題
          4スイッチの電源の電磁妨害抑制技術の概括を抑制する
          6.4.1ソフトスイッチ技術にの応用のスイッチ電源
          6.4.2スイッチの週波数変調
          6.4.3最適化電源スイッチ管駆動回路の設計
          6.4.4パッシブフィルタリング技術
          6.4.5コモンモード妨害のアクティブ抑制技術
          6.4.6プリント回路板の設計
          6.4.7デバイスの選択
          第7章スイッチの電源とその抑制方法
          スイッチの電源の輻射発射
          7.1.1スイッチの電源の放射妨害発生
          7.1.2は「環アンテナ」による電磁放射
          は、ループの面積は、スイッチの電源の電源の電源の電源の電源の電源の電源を縮小する
          7 . 3を採用する緩衝吸収を開閉週波数の高調波成分
          7.3.1は初级レベルの高週波高圧インバータ回路の処理
          7.3.2にサブプライム整流回路の処理
          7.4通过开关电源印制电路板的设计来减小辐射噪声
          第8章スイッチ電源と電源ライン入力フィルター
          8 . 1のスイッチ電源伝導騒擾測定結果の数値分析
          8 . 2スイッチ電源伝導嫌がらせの一般的な抑制技術
          8.2.1差の型フィルターの分析
          8.2.2同相伝導騒擾抑制の分析
          電源ラインフィルタの作用は8 . 3
          8.3.1電源ラインフィルタの種類
          8.3.2電源ラインフィルタの主な型式
          8.3.3スイッチの電源の電源コード入力濾波器
          8 . 4電源ラインフィルタ挿入損失測定
          8.4.1挿入損失の定義
          8.4.2挿入損失測定
          8スイッチの電源の入力フィルタの設計
          のスイッチの電源入力フィルターにインダクタの設計
          8.6.1同相インダクタンスの仕事の原理
          8.6.2同相インダクタンスのコア材料
          8.6.3スイッチング電源で採用フェライトコアを材料にコモン・モードインダクタンス
          8.6.4最適モードインダクタンスのコアの形にして
          8.6.5同相インダクタのインダクタンス量の選択
          8.6.6同相インダクタンスの設計
          8.6.7同相インダクタンスの巻き制
          8.6.8同相インダクタの寄生差ダイインダクタンス
          8.6.9影響同相インダクタ高域特性のいくつかの要素
          ダイインダクタンスや8.6.10差差の型のコアをインダクタンス
          8.6.11常用の差がダイインダクタンス磁心材料
          8.6.12差ダイインダクタンス設計と制作中の他の問題
          第9章スイッチの電源の過渡的な妨害抑制の問題
          9 . 1電磁干渉
          9.1.1電磁干渉のあり方
          9.1.2方式の判断に妨害
          9.1.3電源線妨害のタイプ
          9.1.4妨害設備のルートに入る
          9.1.5妨害設備に対して仕事の影響
          9.1.6干渉を抑える技術
          9 . 2過渡妨害吸収装置
          9.2.1ガス放電管
          9.2.2金属酸化物バリスタ(MOV)
          9.2.3シリコン過渡電圧吸収ダイオード(TVS管)
          9.2.4固体放電管
          9.2.5過渡電圧吸収デバイス使用中のいくつかの共通性の問題
          9.2.6組合せ式保護装置
          9 . 3フェライトコア干渉抵抗
          9.3.1フェライト干渉抵抗コアの仕事の原理
          9.3.2フェライトコアの応用干渉抵抗
          9.3.3フェライトコア干渉抵抗の材料、形状やサイズを選択する
          9.3.4フェライトコアの使用ポイント干渉抵抗
          9.3.5フェライトコア使用例干渉抵抗
          9 . 4絶縁変圧器
          9.4.1概括
          9.4.2最も簡単な絶縁変圧器
          9.4.3帯しゃへい層の絶縁変圧器
          9.4.4高性能絶縁変圧器(スーパー絶縁変圧器)
          9.4.5絶縁変圧器の取り付け
          9.4.6絶縁変圧器とフィルタと合わせて使用部品のサージ抑制
          第10章スイッチの電源のプリント回路板設計
          については
          10 . 2プリント回路板の常用材料と取付け方法
          10.2.1プリント回路板の常用材料
          10.2.2プリント回路板の主な電気性能
          10.2.3プリント回路板の部品取り付け方法
          プリント回路基板レイアウトに10 . 3パーセントの一般的な考え
          10 . 4プリント回路板のアース問題
          10.5印制电路板的布线与布局问题
          10 . 6のスイッチ電源のプリント回路基板設計の例
          10.6.1TOPSwitchモノリシックスイッチ電源の例
          10.6.2降圧型のスイッチ電源出力回路配線例
          第11章スイッチの電源中の高頻度変圧器
          11 . 1のスイッチ電源で高週波トランスの損失とリードワイヤ選択
          11.1.1直流損失
          11.1.2交流損失
          11月2日に高週波変圧器の設計に注意しなければならない問題
          11.2.1プライマリーコイルの漏れインダクタンス
          11.2.2コイル自体の分布容量
          11.2.3初め、二次コイルの間の結合容量
          高週波トランスの11 . 3を制問題
          11.3.1初級巻線
          11.3.2初級バイアス巻線
          11.3.3サブプライム巻線
          11.3.4は高週波トランス巻線を制の順序の説明
          11.3.5小節
          高週波トランス屏蔽問題11 . 4
          11.4.1高週波トランス巻線間のシールド
          11.4.2高週波トランスの磁場しゃへい
          高週波トランス絶縁の問題は11 . 5
          11.5.1強化高週波トランス絶縁の方法
          高週波トランスを採用し11.5.2で多重絶縁電線
          高週波トランスの騒音問題11 . 6
          第12章はスイッチング電源電磁妨害抑制に適用する
          12 . 1式電磁互換対策部品の応用例
          12 .式フェライト磁性ビーズ
          12.2.1式フェライト磁性ビーズの仕事の原理
          12.2.2式フェライト磁性ビーズの分類
          12 . 3式インダクタンスや式同相インダクタンス
          12.3.1概括
          12.3.2式インダクタンス
          12.3.3式インダクタンスと式磁性ビーズの区別
          12.3.4式同相インダクタ
          12.3.5式同相インダクタ例
          12 . 4式コンデンサ
          12.4.1式積層セラミックコンデンサ媒質
          12.4.2式コンデンサ設備の電磁干渉抑制中の応用
          12.4.3式コンデンサの配線形式
          12.4.4違う式コンデンサの比較
          5高騒音抑制モジュール
          12.5.1さまざまな式高週波ノイズフィルターモジュール
          高週波ノイズフィルターモジュール12.5.2使用中の注意すべき問題
          12 . 6チップバリスタ
          12.6.1式畳積層敏抵抗の構造と仕事の原理
          12.6.2式畳積層敏抵抗の特徴
          12.6.3式畳積層敏抵抗例
          12式電磁互換対策部品の応用例
          12.7.1式対策部品のグループの使用例(磁性ビーズと三端コンデンサの結合)
          12.7.2電源ラインの雑音抑制対策例
          12.7.3スイッチング電源で採用式3端とアルミ電解コンデンサ、タンタル電解コンデンサー濾波グループの改善
          高域特性
          12.7.4信号線の雑音抑制対策
          12.7.5式コンデンサの使用問題
          12.7.6チップバリスタの使用について
          第13章スイッチング電源電磁互換性設計、試験、対策例分析
          ケース1:電磁妨害放射の発射の規準の診断と是正措置
          ケース2:スイッチの電源が高頻度で変圧器の応用問題に応用問題を応用する
          ケース3:スイッチの電源として構成する電源システムの電磁の互換性を考慮して考える
          ケース4:携帯用知能温度計スイッチ用電源の電磁互換性設計
          ケース5:電源ラインでフェライトを使用する抗干渉コアを使用する
          ケース6:通信機器のハブ電源による放射線発射基準
          ケース7:スイッチング電源の電磁の互換性設計、試験、対策例
          ケース8:設備の内部電源配線が不当に発生する放射線が基準を超える
          ケース9:誤りは、アースによる放射線量を超える
          実例:じゅう防雷の部品のが正しくインストールされて
          例じゅういち:サージ試験中から磁性ビーズ使用位置不良に保護されてチップのダメージ
          ケース12:電源フィルターの取り付けに問題を使用している
          ケース13:同類製品、異なった配置が引き起こす伝導妨害する
          ケース14:部屋の電気ヒーターのサージ耐わずらわさ試験に不合格問題処理
          のケース15:電子変圧器に対して伝送するのは発射して擾乱度試験に対して不合格の是正を試験する
          例じゅうろく:コンデンサ容量に集積回路電源デカップリングの効果
          ケース17:スイッチの電源出力リップルと騒音の測定と抑制
          ケース:18:工業自動設備の構造と電磁互換性試験
          第14章電磁適合故障診断と常用処理方法
          なった14 . 1設備の放射線発射規準を超える
          14 . 2設備の伝導発射規準を超える
          14 . 3設備の静電放電雑音耐性試験合格しない
          14 . 8設備のRF輻射雑音耐性試験に不合格電磁場
          14 . 5設備のパルス群妨害雑音耐性試験合格しない
          設備のサージパーセント雑音耐性試験合格しない
          14.7設備のRF場の誘導による伝導雑音耐性試験合格しない
          14 . 8設備の電圧が落ち、短い中断雑音耐性試験合格しない
          14 . 9設備試運転の過程の中にの電磁互換性故障位置決めすべて↓